M字ハゲの原因

M字ハゲの原因は男性ホルモンによるAGA!抑制する方法を徹底解説

M字ハゲは男性ホルモンによって進行する

生え際の剃り込みが深くなるM字ハゲは、男性ホルモンの影響によって進行します。

とはいえ、男性ホルモンにも種類があり、ハゲを引き起こすものもあればそうでないものもあります。

今回は、M字ハゲを引き起こす男性ホルモンのメカニズムと、M字ハゲを予防する方法についてまとめました。

M字ハゲが男性ホルモンで酷くなる流れ

M字ハゲが進行してしまう原因は、強力な男性ホルモン・DHT(ジヒドロテストステロン)による影響。

強力な男性ホルモン・DHTは、抜け毛を引き起こす元となるホルモンなので、別名「悪玉男性ホルモン」とも呼ばれています。

悪玉男性ホルモンDHTは、体内に初めから存在するのではありません。
筋肉などを発達させる男性ホルモン・テストステロンと、体内にある酵素5αリダクターゼが結合することでDHTが発生してしまうのです。

悪玉男性ホルモンDHTが発生してしまうと、生え際のM字部分が薄くなり、最終的にハゲてしまうというわけです。

男性ホルモンによるM字ハゲを食い止める方法

悪玉男性ホルモンDHTによるM字ハゲを食い止める目には、DHTが作られないようにする必要があります。

そのためには、酵素5αリダクターゼの働きをブロックするのが一般的。
男性ホルモン・テストステロンは男の身体に必要不可欠なホルモンなので、5αリダクターゼ酵素を抑制します。

抜け毛の原因をブロックするためには、「育毛剤」を使うか、「病院での治療」を受けるのが一般的。
どちら良い点とイマイチな点があるため、一概にどちらが良いとは言えないのが現状です。

育毛剤を使ってM字ハゲを食い止めるメリットとデメリット

育毛剤は厚生労働省が「薄毛・抜け毛の予防・発毛促進」に効果があることを認めているので、使うことでしっかりと期待できます。

ただし、病院で処方される薬ほど強い効果はないので、ツルツルに禿げてしまった状態から発毛させることは不可能。

とはいえ、自宅で手軽に使えながら抜け毛の予防や発毛促進効果があるので使う人が多いです。

特に、副作用のリスクがないので肌にも優しいのが人気の理由。
病院での治療では、薬による副作用があるので躊躇する人も多くなっています。

病院での治療でM字ハゲを食い止めるメリットとデメリット

皮膚科やAGAクリニックを受診すれば、M字を食い止めるための薬を処方してもらえます。

強い薬を使うので、毛がなくなった部分から毛を生えさせる効果もあります。
が、効果が強い反面、副作用のリスクがあるのも事実。

抜け毛の進行を抑えるプロペシアという薬の場合、「精力減退・ED」などの副作用が。
発毛させるミノキシジルという薬の場合、「多毛症や頭皮の炎症」などの副作用が上がっています。

また、病院で治療を受けようとした場合、毎月3万円前後の費用が必要になることが多く、誰でも手軽に通えるわけではないのも欠点の一つ。

最近ではテレビCMなどの影響で通う方も増えていますが、高額な治療費・副作用のリスクに納得できる人はまだまだ多くないのも実情です。

M字ハゲを食い止める方法はあなた次第

育毛剤を使う方法、薬を使う方法、どちらにもメリットとデメリットが存在します。
こういう話をすると、どちらかが良くてどちらかが悪いとなりがちですが、結局は個人の考え方次第です。

どうしても副作用を受け入れられない人や高額な治療費を払えない人もいるでしょう。
逆に、副作用のリスクがあっても薬を使いたい人もいます。

どのような対策に取り組むかはあなた次第です。

ちなみに、最近では質の高い育毛剤が続々と増えてきたことから、初めは育毛剤を選ぶ方が多いです。
自宅で育毛剤を使ってみて満足できればそれでよいですし、イマイチなら病院で治療をするという流れです。

これなら初めからリスクのある薬を使わないで済みますし、納得して対策に取り組めます。

> M字ハゲに効く育毛剤おすすめ

M字ハゲの原因は男性ホルモンだけではない

今回紹介した通り、M字ハゲの原因の一つは悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)によるものです。
とはいえ、M字ハゲはそれ以外の影響によっても引き起こされてしまいます。

M字ハゲを食い止めるためには原因をしっかりと理解して、それにあった対策に取り組むこと。
間違った方法で対策しても効果は得られないので気を付けてください。