M字ハゲの原因

眼精疲労でM字ハゲが酷くなる!目の疲れの原因と対策方法を詳しく解説!

眼精疲労でM字ハゲにはならないが酷くなる可能性が高い

M字ハゲになってしまう一番の原因は「AGA(男性型脱毛症)」による影響です。

…が、スマホやパソコンの凝視による眼精疲労によって、M字ハゲが酷くなる可能性が考えられています。

「以前よりもM字の剃り込みが酷くなった気がする…」と悩んでいるなら、眼精疲労の原因を取り除くこともM字ハゲ対策の一環になります。

今回は、眼精疲労のメカニズムとM字ハゲの関係性、その対策方法についてまとめました。

眼精疲労が起こるメカニズムとは

スマホやパソコン、小さな文字や暗いものを長時間見続けると、ピントを調整する毛様体筋という筋肉が疲弊してしまいます。

毛様体筋は自律神経に支配されているため、疲弊することにより自律神経のバランスが乱れ、結果として頭痛や吐き気、イライラなどの全身に悪影響が出ることになります。

眼精疲労を引き起こす原因としては、次の2つが考えられています。

眼精疲労の原因
  1. 目の酷使
  2. 全身の疲れの影響

目が疲れるのはイメージしやすいですが、目以外の疲れによって目に影響が出ることも珍しくはないです。

それぞれ、一つずつ解説していきます。

目の酷使

眼精疲労が引き起こされる一番の原因は、目の酷使による目の疲れです。

具体的には、度の合っていない眼鏡やコンタクトレンズの使用。長時間のスマホやパソコン画面の凝視。小さな文字、暗すぎるところでの目の酷使等。

長時間同じ個所を見続けてしまうと、ピントを調整する筋肉(毛様体筋)が付かれてしまいます。ずっと腕を上げ続けると肩こりが起こるのと同じで、筋肉の炎症が起こるというわけです。

目の筋肉の場合、疲れから自律神経のバランスが乱れてしまうので、症状が目だけではなく全身に行き渡るというわけです。

全身の疲れの影響

ストレスや生活リズムの乱れなどで精神的な疲れ、肉体的な疲れが耐えられなくなると目に悪影響が出るケースもあります。

特に目を酷使していないのに眼精疲労のような頭痛・吐き気などの症状がある場合、全身の疲れの影響の可能性ありです。

このように酷くなってしまう眼精疲労ですが、具体的にM字ハゲにどのような関係があるのか説明していきます。

眼精疲労でM字ハゲが酷くなる理由

眼精疲労が原因でM字ハゲが酷くなる原因としては、次の2つの理由が考えられています。

眼精疲労でM字ハゲが酷くなる理由
  • 血行不良
  • 栄養不足

血行不良

眼精疲労になるということは、目の周り(もしくは全身)の血行が悪くなっているのは想像に難しくないですよね。

髪に必要な栄養は血液を通して毛根に運ばれるので、血行不良になれば髪の毛は弱々しくなるのは当然。特にM字部分は目に近いこともあり、目の疲れによる血行不良の影響を受けやすいといわれています。

目が疲れたときにこめかみあたりを抑えると気持ちよいのも、M字につながる血管がある証拠です。

栄養不足

眼精疲労になってしまうと、疲れを解消するためにビタミンB群やL-シスチンと呼ばれる栄養素を大量に消費してしまいます。

実は、ビタミンB群やL-シスチンというのは、髪の毛の成長にも欠かせない貴重な成分なのです。

ビタミンB群は、ビタミンB1、B2、ナイアシン(B3)、パントテ酸(B5)、ビタミンB6、ビオチン(B7)、葉酸(B9)、B12の総称。それぞれの働きを補いながら消費されるので、バランスよく摂取することが大事。しかも水溶性ビタミンと言って、身体に蓄積されないビタミンなので毎日こまめに消費することが必須。

眼精疲労や目の疲れでビタミンB群が不足すると、当然髪の毛にも影響が出てきます。

また、髪の毛の元となるケラチン(タンパク質の一種)は、L-シスチンによって合成される成分です。眼精疲労によってL-シスチンが大量に消費されてしまうと、髪の毛を作る栄養素がなくなるため悪影響が出ることは明白。

このように、目の疲れを解消するために体は優先的に栄養素を使うため、髪に必要な栄養素が不足してしまい、M字ハゲに影響が出るというわけです。

眼精疲労によるM字ハゲを解消する方法

眼精疲労によるM字ハゲを解消するためには、「目の疲れ」「M字ハゲ」のそれぞれのアプローチすることが大事。

どちらか片方だけではなく、両方にしっかりとアプローチすることで眼精疲労による酷いM字ハゲ対策に繋がります。

眼精疲労を解消する方法

1.目の疲れに良い栄養素を積極的に摂る

目の疲れを解消するために消費される栄養素をしっかりと補うことが必須です。

上でも書いた通り、特に「ビタミンB群」と「L-シスチン」は髪の毛にも影響する成分なのでしっかりと補う必要があります。これら2つの栄養素を補うことによって、目の疲れと髪に必要な働きを両方サポートできます。

栄養素 多く含む食品
ビタミンB1 豚肉・うなぎ・ナッツ類・など
ビタミンB2 レバー・うなぎ・牛乳・など
ビタミンB6 かつお・まぐろ・レバー・バナナ・など
ビタミンB12 レバー・牡蠣・さんま・など
葉酸 枝豆・ほうれん草・レバー・など
ナイアシン かつお・レバー・まぐろ・など
パントテン酸 レバー・鶏もも肉・納豆・など
ビオチン レバー・いわし・など

 

※L-シスチンはほとんどの食品に含まれていません。L-シスチンはメチオニン(必須アミノ酸)を摂取することで体内で合成されるため、L-シスチンのためにはメチオニンを多く含む食材を取ると良いです。

栄養素 多く含む食品
メチオニン(L-シスチンの元) 豚肉・シャケ・卵・ブロッコリー・など

 

ビタミンB群やL-シスチンを食材から摂るのが難しい場合、サプリメントを利用するのも一つの方法です。

サプリメントを選ぶ場合、目の疲れを重視する方法とヘアケアを重視する方法の2つがあります。

目の疲れを重視したサプリメントなら、より必要なケア成分が豊富に入っています。
が、当然ヘアケア成分は入っていません。

ヘアケアを重視するサプリメントの場合、ビタミンB群やL-シスチンを配合しつつ、髪に必要な栄養素も含まれています。目の疲れだけではなくM字ケアも重視するならおすすめ。

目の周りの筋肉をほぐすためのマッサージやツボ押し

目の疲れを解消するには、マッサージやツボ押しも効果的です。
栄養素を補うだけではなく、直接血行促進につながるので症状がひどい場合はもちろん、酷くなる前に予防として取り組むのも効果的。

※参考画像

眼鏡やコンタクト・作業環境の改善

度の合っていない眼鏡やコンタクトレンズを付けているならすぐにでも変えるべきです。
度があっていない眼鏡やコンタクトレンズを付けていると、目の筋肉にかなり負担がかかってしまうため、目が疲れやすく眼精疲労の原因に。

また、パソコンやスマホを見る環境が悪い場合も見直すことが必須。
暗すぎる部屋、光が反射する場所、などなど。
作業環境を見直すことで目の疲れが落ち着くことも多いので、試してみる価値はあります。

M字ハゲを解消する方法

はじめに書いた通り、M字ハゲを引き起こす一番の原因はAGA(男性型脱毛症)です。
眼精疲労はあくまでも間接的な原因であり、眼精疲労を改善するだけでM字ハゲが解消するわけではないです。

M字ハゲを解消するためには、AGA対策に取り組む必要があります。

M字ハゲに効果的な対策方法としては、「病院での治療」「育毛剤を使った対策」の2つが有効。薬と育毛剤には、薄毛に効果があると厚生労働省が効果を認めた有効成分が入っているため、使うことで効果があります。

シャンプーやサプリメントなどは直接効果のある有効成分が入っていないのでM字ハゲにダイレクトに効くわけではないです。そのため、M字ハゲを解消するためには、薬か育毛剤を使うことが大事。

薬と育毛剤のメリット・デメリット

M字ハゲ対策として薬を使うか育毛剤を使うかは個人次第。どちらにもメリット・デメリットがあるのでまとめておきます。

育毛剤
効果 薄毛・抜け毛の予防・発毛促進 抜け毛の進行抑制・発毛
副作用 なし あり
費用 5,000円前後 3万円前後
効果が出るまでの期間 3か月から半年程度 3か月から半年程度

 

薬はお医者さんに診察してもらったうえで処方されるので、当然効果は強いです。
ただし、強い薬なので副作用のリスクがありますし、毎月3万円前後の費用も必要になってきます。最近ではテレビCMも良く見るようになりましたが、まだまだ誰でも通えるわけではないのが現状です。

育毛剤は薬に比べると効果が劣りますが、薄毛や抜け毛の予防・発毛促進効果があるので実感する人も多いです。特に、副作用のリスクがなく自宅で手ごろな価格で使えるのが人気の理由。
M字ハゲが気になり始めた初期の場合、まずは育毛剤を使って様子を見る人も多いです。

どちらを選ぶかは個人次第。
薬の副作用や金額に納得できるなら病院を受診すればよいですし、副作用や金銭的なリスクが高いなら育毛剤で対策すると良いです。

どちらを選ぶにしても大事なことは、1日でも早く始めるということ。
男のハゲは放置しているとどんどん酷くなるので、できるだけ早くに初めることが大事。

眼精疲労とM字ハゲまとめ

眼精疲労が酷くなると血行が悪くなる、栄養不足によってM字ハゲが酷くなる可能性は十分あります。特に、元々禿げやすい体質の人が眼精疲労になるとハゲを促進させてしまうリスクがあるので要注意。

眼精疲労を解消しつつ、M字ハゲに効果的な育毛剤を使うことで対策が可能です。

何もせずに放置すると薄毛は酷くなる一方なので、できるだけ早くに対策を始めていきましょう!