未分類

M字ハゲの見分け方を解説!生まれつきとハゲ基準の違いとは

M字ハゲと正常な生え際の見分け方

M字ハゲなのか、生まれつきの正常な生え際なのか?を見分けるための方法を解説しました。

正常な生え際なら問題ないですが、M字ハゲが進行しているなら1秒でも早く対策しないとハゲ一直線ですからね。
M字ハゲが進行した私の経験も踏まえたうえで詳しくまとめました。

M字ハゲの見分け方

M字ハゲを見分けるためには、「1.まずは顔と頭皮の境目を把握する」「2.ハゲが進行しているのかどうか把握する」という2つを見ていくことが必須です。
それぞれ詳しく解説していきます。

1.おでこの皺の上からが頭皮

M字ハゲを見分けるために第一ステップが、顔の表情筋を使っておでこに皺を出すこと。

眉毛を上にあげるように力を入れると、おでこに皺ができますよね。これが表情筋。

頭皮には筋肉がなくて動かせないので、おでこに皺が出るところまでが顔だといわれています。つまり、おでこの皺よりも上部分が頭皮、皺よりも下が顔ということ。

まずはおでこに皺を出して、顔と頭皮の境目を把握します。

2.産毛が生えているかどうか

おでこの皺の上が頭皮なので、当然毛が生えているのが正常な生え際です。

おでこの皺の上部分に毛が生えていない、もしくは産毛や短い毛が増えている場合はM字ハゲが進行し始めている証拠。

そのまま放置してしまうと、M字の剃り込み部分がどんどん深くなり、ハッキリとしたM字ハゲになってしまいます。

また、M字部分がまだはっきりとハゲていなくても、次のような症状が出ている場合はM字ハゲの前兆でもあるので注意が必要です。

M字ハゲの3つの前兆

M字ハゲが進行し始めると、同時に次のような症状が出る場合が多いです。一つでも当てはまるなら、早めに予防や対策に取り組んでおくのがベスト。

短い毛が抜ける

シャンプー後や朝起きたときの枕元に短い毛が抜けているのはハゲの前兆。特にM字ハゲは、成長途中の短い毛が抜けやすいのが特徴です。

地肌が透けるようになった

お風呂上りなど髪が濡れると地肌が透けるのもM字ハゲの前兆。以前まで気にならなかったのに気になるようになったのは変化を感じているから。

皮脂の分泌が多くなった

M字ハゲは男性ホルモンの影響で進行するから皮脂の分泌が多くなるのも特徴。特に生え際あたりが皮脂でべたつくならM字ハゲの前兆。

M字ハゲの前兆が1つでも気になったり、M字ハゲの見分け方で気になる点があれば、1日でも早く対策することが大事。

M字ハゲは男性ホルモンによる影響で薄毛が進行するケースが多いので、放置してしまう酷くなるだけ。

若い人だと20代や30代でもハゲてしまう方はいるので、とにかく早く対策に取り組まないと後悔することに。

M字ハゲを見分けたら効果的な対策に取り組むことが必須

M字ハゲの可能性が少しでもあるなら、予防・対策に取り組むこと。

M字ハゲに効果的な対策として効果が認められているのは「育毛剤」と「病院での治療」。どちらを使うにもメリットとデメリットがあります。

育毛剤 病院
効果 発毛促進・抜け毛の予防 発毛・抜け毛の進行抑制
副作用 なし あり
費用 5,000円=1万円 3万円
すること 1日2回の塗布 月に1度の通院/1日2回の塗布&毎日の服用

 

病院で治療を受ければ、薬を処方してもらえるので育毛剤よりも強い効果が期待できます。
ただ、強い薬を使うことになるので副作用のリスクがあるのも理解する必要があります。

発症率は100人に1人(1%)程度ですが、精力減退やED、多毛症(全身が毛深くなる)などが有名。

また、通い始めの1年程度は毎月3万円ほどの費用が必要になるのもデメリット。値段が高いこと、副作用のリスクがあることで誰でも手軽に通えるわけではないのが実情です。

育毛剤の場合、毎月5,000円前後で続けられるため手軽に始められるのがメリット。
もちろん薬のような強い効果はないですが、厚生労働省が薄毛・発毛促進・抜け毛の予防に効果があることを認めています。

副作用のリスクもほとんどないことから、多くの人が予防や初期の対策として使っています。

まずは育毛剤を使って様子を見て、それでも酷くなったら病院で治療するケースが多いです。

私もM字ハゲが進行し始めて育毛剤を使って復活できるようになりました。
最近では、質の高い育毛剤も増え、M字ハゲにも効果があるのがたくさんあるのでまずは試してみることをお勧めします。

 > M字ハゲに効くおすすめの育毛剤はこちら

M字ハゲの見分け方まとめ

M字ハゲが気になり始めたら、まずは自分がM字ハゲなのかどうか、今回のを参考に見分けてみてください。

少しでも前兆があるならば1日でも早く対策することが必須。
M字ハゲは放置していて勝手に治るものではないので、できる限り早めに対策してしっかりと予防することが大事ですよ。